飾り物としても使われていた霊芝

飾り物としても使われていた霊芝 免疫力をアップさせたり、アレルギー症状を緩和させるなどの効能が期待できる霊芝は、形や色などが面白いため飾り物で使われることもあります。
霊芝は梅などの切り株や枯れ木の根もとなどの幹の上に生じるもので、乾燥させることで長期間原型を保存しつづけるため和名では万年茸とも言われています。
ストレスの多い社会と言われていますが、成人病などの生活習慣病の年齢も低下しています。
脂物を多く食べたり、インスタント食品など食生活の欧米化や、運動不足などが原因となって生活習慣病を引き起こすこともありますが、霊芝にはそれらを予防するための効能が期待できます。
霊芝には様々な効能がありますが、大きく分けると免疫力の調整作用と血液の浄化作用です。
長い間漢方薬として利用されているので副作用の心配はありません。
口や喉の渇き、鼻水、かゆみなどの症状を感じることもありますが、適量を摂取するのであれば問題はないのですが、もともと医薬品を服用している場合にはかかりつけの医師に相談すると良いです。

霊芝は縁起の良いキノコ

霊芝は縁起の良いキノコ 霊芝は中国の生薬名で、日本ではサルノコシカケというキノコの仲間として知られています。
サルノコシカケを漢字では「猿の腰掛」ですが、猿が椅子代わりに座っていたことからそう呼ばれるようになったと言われています。
それ位硬いキノコということになります。

昔からアジアでは、縁起が良いキノコとして親しまれています。
そのため玄関先などに吊るしたり、神棚に飾られたりすることが多いです。
自然界で栽培するには害虫などの被害が多く枯れることが多かったため、栽培が難しく非常に希少価値がありました。
縁起が良く希少価値が高いキノコなので、人気が確立されました。
1950年代以降から人口栽培に成功して、生産数が安定化して健康食品などに使われるようになりました。

霊芝の健康効果は幅広く、身体全体の免疫力を高めてくれる効果があります。
その他にも生活習慣病の改善や、アレルギー症状や便秘症の改善などの効果も認められていて人気があります。



新着情報

◎2019/2/12

霊芝はアトピーに最適な健康食品
の情報を更新しました。

◎2018/12/7

れいしの基本知識
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

霊芝の効果
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

霊芝の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

飾り物としても使われていた霊芝
の情報を更新しました。

◎2018/4/2

サイト公開しました

「漢方 キノコ」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@blureye03 固くて食べられないんですね~。キノコはまだまだ未知の可能性を秘めてますよね~✨ 冬虫夏草は…高い漢方とかの仲間だと思ってました~(笑)

猪苓(チョレイ)は、ブナやミズナラの根に寄生する「チョレイマイタケ」というキノコの菌核。漢方薬では、利水消腫・通淋の効果を目的に使われる。猪苓の名の意味は「猪(ブタ)の糞」(中国語の「猪」=日本語の「豚」) ⇒なまやく。第二のマスコットキャラ

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 昨日 18:06

きのこなどの成分を模倣して利用していることも、漢方薬の特徴だとおもいます。 毒性の強い成分と類似した医薬用の成分を利用することで、病気に効いています。

カントウカ(かんとうか) フキタンポポのつぼみを乾燥させることによって作られる漢方薬で、咳を止めたり痰(たん)を抑えたりする効用があるよ。 植物・キノコに属するコトバで、「う」以外の文字のスゴ技が発動するね。似た形の「乾燥果(かんそうか)」とあわせて狙っていけるよ。

Twitterうんちく自慢・カナリ@Kanari_kotodama

返信 リツイート 昨日 0:46

猪苓(チョレイ)は、ブナやミズナラの根に寄生する「チョレイマイタケ」というキノコの菌核。漢方薬では、利水消腫・通淋の効果を目的に使われる。猪苓の名の意味は「猪(ブタ)の糞」(中国語の「猪」=日本語の「豚」) ⇒なまやく。第二のマスコットキャラ

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 昨日 0:36

漢方薬はキノコ類や根菜類などの生薬が主な成分です。 生薬は何百種類もあり種類によって効果が違います。 自分の健康状態にあった生薬を配合し自分専用の漢方を調合することも可能です。

きのこの先生、もうお医者さんしてないのだろうか。 先生、日本人じゃなかったし出す薬は漢方だし、受付のお姉ちゃん鉄仮面だし(ものすごく愛想が悪い。でも人見知りなのかもしれない) だからあの病院人気なかったのかな…

漢方の特徴では、植物であるということがある。 毒物というときのこが有名ですが、薬になる植物は多かったみたいです。 すでに漢方薬として効果があった植物の中にはきのこと同じだけの殺菌作用があったみたいです。

猪苓(チョレイ)は、ブナやミズナラの根に寄生する「チョレイマイタケ」というキノコの菌核。漢方薬では、利水消腫・通淋の効果を目的に使われる。猪苓の名の意味は「猪(ブタ)の糞」(中国語の「猪」=日本語の「豚」) ⇒なまやく。第二のマスコットキャラ

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 4/24(水) 7:06

猪苓(チョレイ)は、ブナやミズナラの根に寄生する「チョレイマイタケ」というキノコの菌核。漢方薬では、利水消腫・通淋の効果を目的に使われる。猪苓の名の意味は「猪(ブタ)の糞」(中国語の「猪」=日本語の「豚」) ⇒なまやく。第二のマスコットキャラ

Twitterなまやく。生薬bot@namayaku

返信 リツイート 4/23(火) 13:36